9月になり、少しずつ秋の気配を感じられるようになってきましたね。

 さて、ここで皆さんに質問です。最近、自分を褒めていますか?どうかご自身を「よく頑張っているな」と褒めて労ってあげてください。また、家族に対して、感謝の気持ちや頑張っていることを言葉にしてぜひ伝えてあげてください。
 大人になるとお世辞は言われても、褒められることが少なくなってきます。家族だからこそ、なかなか言葉で伝えることは照れくさかったり、言わなくても伝わっていると思いがちですよね。
 やっぱり大人でも褒められたり、認められると嬉しいですし、頑張る力に繋がります。また、大人同士が感謝の気持ちや褒め合える姿を率先して見せることで、お子さまも人を認める事や相手を褒める、思いやるスキルを学んでいくことができるのです。
 
 療育をしていると、保護者の方から取り組む姿勢について謝罪を受けることがあります。どのお子さまも日々とても療育に頑張って取り組んでくれています。それだけで花丸なのです。
 内緒の話ですが、スタッフはお子さまが感情を表出してくれた時、素直に気持ちを出せる場所になってくれたんだと、心の中でガッツポーズをしているのです。ですから、今後は「すみません」ではなく、保護者の方もぜひ一緒にガッツポーズしていただけたら幸いです。
 
 西国分寺教室は、お子さまはもちろん保護者の方も笑顔でスッキリした気持ちで帰れる、そんな場所を目指しています。